MENU

21歳で薄毛に人生で 一番苦しい時代

10代の頃は、薄毛など自分には無縁だと思っていました。
テレビや雑誌で薄毛の話題を見ても何とも思わなかったし、父親もハゲていなかったので危機感はゼロ。
高校の時にクラスメイトに、「つむじの周りが薄いから将来ハゲるぞ」と、指摘された時でも、何の危惧も感じませんでした。

 

しかし、その時は突然やってきました

大学3年生21歳の時です。
当時抜け毛が多いことには、気づいていました。
髪のボリュームも減って、髪型が決まらなくなってきたのです。

 

 

「これは薄毛では?」
そう疑う髪型になってきたので、念のため頭頂部を合わせ鏡で見てみたのです。
すると、完全に薄毛。
しかも、かなり進んだ状態でした。

 

その現状に愕然。
「こんな事が起こるのか!」。
対岸の火事だと思っていた薄毛が、まさか自分に降りかかるとは。
しかも21歳の若さで、こんなはっきりとした薄毛になるなんて、聞いたこともなかったので、すごくショックが大きかったです。

 

「まさか自分が…」「なぜ自分だけ?」
きっと大病を患った人も「そう思うのだろう」と感じたのを覚えています。

 

落胆

もちろん薄毛は徐々に進行していたはず。
前兆はあっただろうに、全く気付かなかったのです。
「もっと早く気づいていれば、何か対策が打てたかもしれないのに」
と後悔もしました。
早速育毛剤を買ってつけましたが、短期で効果が出るはずもありません。

 

 

すごく悩んで精神的にも落ち込みました。
誰にも相談できず、1人で悩んでいたのです。
常に髪の毛のことが脳裏から離れず、毎日鏡ばかりを見ていました。
何度見ても変わるはずないのに。
本当に、気になって気になって仕方がなかったのです。

 

鏡で「やっぱり薄いと」自覚するたびに、胸がギュッと苦しくなって嫌な汗が出てきます。
「髪が薄くなろうが、命や健康に影響はない」と分かっていても、やっぱり割り切れません。
いっそ今魔法で40歳になれたら、薄毛も当然の歳になるし、苦しまなくて済むのに。
そんな、おかしな事を真剣に考えたものです。

 

薄毛を隠す

薄毛を隠すために帽子が欠かせなくなりました。
しかし授業などでは、当然帽子を脱がなくてはいけません。
そうなると、周りの目が余計に気になってきます。
そうとう辛かったです。

 

学校帰りには、よくドラッグストアに立ち寄りました。
育毛剤を探すためです。
ドラッグストアーで育毛剤をあさるうちに、薄毛を隠すパウダーを発見しました。

 

 

使ってみるとかなり薄毛がごまかせたのです。
とりあえずそれだけの事なのですが、精神的にはかなり救われました。
「一時しのぎは出来たぞ、次は本当に髪を増やしてやろう」。
心からそう思いました。

 

ここから私の育毛人生が始まったのです。

 

続きこちら
藁にもすがる思いで育毛サロンへ 効果の程は?

 

 

 

 

更新履歴